トゥルーサBM理論のブログ

出馬表に表われる連対馬のサインを解読する虎の巻

ジャパンCに向けて(この馬の枠が連対する)

 皆さんこんばんは。今度のG1レースはジャパンCですね。高額賞金のレースとは言え世界から見るとちっとも価値のあるレースではありませんし、日本国内でも競馬界では同じようなものなのです。つまり繁殖能力のない騸馬や初のG1出走馬などのある程度どんな馬が勝ってもいいレースということです。
 それは私たちにはどうでもいいことですが、本レースは次年のG1レース年間テーマを暗示することの多いレースなので、昨年の勝ち馬シュヴァルグランが今年の年間テーマを示してくれましたね。残念なことにこのテーマが使用されるのはマイルチャンピオンシップまでの期間なのですが、有馬記念では再度使用されるかもしれないので年間テーマについてはそれまで静かに待つことにしましょう。
 ところで、ジャパンカップというレースはレース名から連想されるあるテーマが重要なことであり、決まっているその順番と同じ馬番や枠番に配置されなくとも関連する名の馬や騎手の枠が好走するのです。例えばシンブリルドルフが勝った時に2着となった地方現役馬ロッキータイガーをはじめ、レガシーワールド、マーベラスクラウン、テイエムオペラオー、ジャングルポケット、タップダンスシチー、ファルブラヴ、ディープスカイ、ショウナンパンドラなどの関連馬がことごとく勝っています。
 最近はあまり目立った関連馬が出走していませんが、今回の出走予定馬の中では、シュヴァルグランも該当しますが、それ以上に連対枠に入るであろうと考えられるのが [外]サンダリングブルー、ノーブルマーズ、[地]ハッピーグリンです。これらの馬が連対するのに厳しいならばとくに同枠馬を大切にしなければなりません。熱心な私のブログの読者なら理由は明かせずともこれまでの数々の予言的中により信じていただけるはずですよね。いずれにせよ近年では有力な外国馬が招待されず、大した価値もないので高配当にすればいいものを、国内G1馬が必ず単純に連対するレースにするし、あまり高配当にもならず少頭数の場合は私にとってとてもつまらないレースです。


 「トゥルーサBM理論」の興味のある方は、簡単な説明と会員募集案内をお送りしますので下記までご請求ください。
                                                       woody115@eri.bbiq.jp



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。