トゥルーサBM理論のブログ

出馬表に表われる連対馬のサインを解読する虎の巻

朝日杯FSで連対しそうな枠について

 皆さんこんにちは。昨日は朝日杯フューチュリティSにおける隣の指標となり得る馬を挙げましたが、今日は、連対する馬の同枠になり得る馬のご紹介です。まずはじめに朝日杯フューチュリティSというレース名をじっくり検討する必要があります。その結果、会員様には理由を付して説明しましたが、今回、私が一番注目しているのはケイアイノーテックの枠です。過去10年間ではリオンディーズ、アルマワイオリ、ショウナンアチーヴ、ロゴタイプ、グランプリボス、ローズキングダム、セイウンワンダー、ドリームジャーニーといった連対した馬の枠がこれに当てはまります。そして別の角度から、もう一頭注目しているのがヒシコスマーの枠です。この観点からは今回の出走馬の中で他にも3頭の馬(アイアンクロー、タワーオブロンドン、ファストアプローチ)がいて多すぎるので的中して当たり前かもしれませんが、過去10年間ではサトノアレス、ダノンプラチナ、アジアエクスプレス、ショウナンアチーヴ、コディーノ、リアルインパクト、ローズキングダム、エイシンアポロン、フィフスペトル、ドリームジャーニーなどの連対した馬の枠が当てはまるのです。昨日のコメントと併せて枠順確定前の結論としては、ダブルシャープの隣、ケイアイノーテックかヒシコスマーの同枠馬が連対するものと予想します。


 トゥルーサBM理論に興味のある方は、簡単な説明資料と会員案内文をメールでお送りしますので下記までご請求ください。
                                    woody115@eri.bbiq.jp
             

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。