トゥルーサBM理論のブログ

出馬表に表われる連対馬のサインを解読する虎の巻

菊花賞の危険な馬

 皆さんこんにちは。皆さんはもう菊花賞の勝馬を決めましたか。私が菊花賞を長年見てきた中で、こんな馬が勝ったのを見たことがないという馬が出走予定です。それは一体どの馬でしょう。あっても2着までしかないであろうその馬とは外国人人気ジョッキー騎乗予定のアルアインとキセキです。菊花賞には菊花賞のテーマというのがありますが両馬は相応しくないのです。まあ2着ならあり得るかもしれませんが、単勝を買うことはおやめになったほうがよろしいかと。
 理由は会員様にしか明かせませんが、菊花賞のテーマとはどのようなことかを考えてみればお分かりになるかと思います。トーホウジャッカル(酒井学騎手)、キタサンブラック(武豊騎手)、サトノダイヤモンド(ルメール、池江泰寿厩舎)、人気薄レインボーライン(福永祐一)など菊花賞で連対するためのサインとなりうる馬名、騎手名、厩舎名ですよね。種明かしの一つは、キタサンブラックの頭文字と語尾を抜き出すと「キク」になり、レース名と同じになりますよね。だから好走する。これが競馬の招待なのです。キタサンブラックが強いのでも武豊騎手が上手いのでも何でもありません。ただ馬名がレース名に相応しいだけの話なのです。


 トゥルーサBM理論についてご興味を持たれた方は下記までメールで説明資料請求をお願いします。トゥルーサBM理論とはどのようなものかの簡単な説明と予想配信会員の案内文をお送りします。初心者や女性の方も大歓迎です。
    
                                     woody115@eri.bbiq.jp


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。