トゥルーサBM理論のブログ

出馬表に表われる連対馬のサインを解読する虎の巻

京王杯2歳Sの的中へのヒント

 みなさんこんにちは。月初めの重賞レースはゲットされたでしょうか。
 いくつか行われましたが、その中で京王杯2歳Sで少し思うところがあり、皆さんにも知ってほしいので書いてみます。1枠1番タワーオブロンドンが強い?勝ち方をしましたが、この日全体の福島競馬場のレースで何か気づきませんでしたか。そうです、出走頭数です。2R、3R、5R、7R、8R、10R、12Rと1日に12レースしかないうち7つのレースが15頭立てのレースでした。15頭立てというのは1枠だけが単頭枠という、1枠だけが目立った枠組なのです。これはどこかの重賞レースで1枠が連対しますよという合図なのです。まあ、出走頭数にも気をつけねばならないと言いたいわけです。そして2着となった馬の名前をよーく見てください。「カシアス」でしたよね。カシアスと言えば思い出すのは大抵の人が知っているボクサーのカシアス・クレイではないでしょうか。レース名にある京王の読み方はKOで、KOと言えばボクシングですよね。こういう遊び心が馬券となる重要なことなのです。


 トゥルーサBM理論は、連対馬を選出すべく競馬歴40年近くの研究と経験を基に出馬表の解読を行うもので全てのレースに応用できどなたにもわかりやすく理論を解説します。トゥルーサBM理論についてご興味を持たれた方は下記までメールで資料請求をお願いします。初心者や女性も大歓迎です。確認後、トゥルーサ理論による出馬表の基本的な検討方法と予想提供会員募集の案内文をメールにてお送りします。


              woody115@eri.bbiq.jp


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。